ひっしー

YouTubeの再生数伸び悩び、打開策の提案

まいど!ロンマナのひっしーでーーーっす!

先日、YouTuberのなり方、始め方という記事を書いたのですが
今回は、【いざ始めたけれども伸び悩んでいる】という方向けに記事を書いてみたいと思います。
予めになりますが、僕自身、光り輝くトップユーチューバーなどではないので
それなりの奴の言うノウハウという感じで読んで頂ければと思います。
登録者数10000人の壁を突破した人などは、おそらく僕と同等レベルなので
あまりこの記事を読まれましても有益な情報はないかもしれません(汗)
僕もこの先どうしたらエエんだろう?と伸び悩んでいる途中ではあります(笑)

というわけで、目次はこちら!

・動画をアップし続けているが、再生数が全然伸びない
・動画の題材の選び方・作り方
・動画1つに対して施すべき最低限のこと

動画をアップし続けているが、再生数が全然伸びない

まずは動画50~100ぐらいアップロードを目指ししましょうよ~というのは前回お話したのですが
そこまでアップロードした上で全く再生数が伸びてこないとき、考えられる理由は2つです。

①動画のクオリティが低く大半の視聴者に面白くないと思われている
②それなり以上の動画ではあるが、同じようなことをやる人が多すぎて埋もれている

何を以ってクオリティが高いと思うか、なんて人それぞれだとは思うのですが
YouTubeには、それを判断する基準があると思っておいた方がいいです。
たとえば、長い時間再生されているだとか、ですね。
自分のチャンネルの状態はYouTube アナリティクスにてチェックしましょう。
平均再生時間など、見れるようになってます。

50近く、またはそれ以上の数の動画をアップロードしているのに
再生回数が上がって来ない(ずーーっと10回だけとか)という状況の人は
動画そのものの作り方を考えるべきかもしれません。
※後に、「動画をアップしたときに最低限やっておきたいこと」というものを記述しますので
それを全くやっていない。というのであれば、まずはアップした全て動画に適応させてから様子をみてください。

動画の題材の選び方・作り方

一体どういう動画を作ればいいのか?
【大勢の人が見たいであろう題材で動画を作り、かつ、人がやっていないことをやる。】
はい。こんなもん、なかなかないです(笑)大体、他の人がやっていたりします。
じゃ?どうすればいいか?
これも前に言ったのですが
動画の質と量のバランスを考えながら、初動は大量に動画をアップしていくのがいいんじゃないかと思います。

「このパターンは量産できる!」とか、
「これをやっている人少ないんじゃないか?」とか
果たして作ろうとしている動画に需要があるのかどうか、
他の人と似たり寄ったりの動画になっていないかどうか などなど
そういったことを考えながら取り組んでいくのが大事です。

最初から上手くいかなくてもいいんですよね。
上手くいくパターンが必ず出てくるので、それを磨いていくとよろしいかと思います。
自分なりになかなか上手くいったなぁという方向に舵を切っていくわけです。
上記のようなことを考えながら100個ほど動画を作っていたら何か掴めてくるものもあるはずです。

動画1つに対して施すべき最低限のこと

これ、、、実は結構やることが多いんです(笑)
アップロードして「公開」を押すだけで終わっている人、これは勿体ないです。

【タイトルの付け方】
これは、何の動画なのか?をしっかり分かるようにしなければなりません。
動画を見るつもりのない人をタイトルで惹きつけなければならないですからね。
もちろん嘘はついてはいけませんが(笑)

たとえば、ゲームのプレイ動画でいうと「メタルギア その6」とだけ書かれたタイトルってどう思いますか?
おそらくメタルギアというゲームの動画をアップするのが6回目なんだろうなぁ~とは想像できるでしょうが
それだけじゃ興味持ってもらえないと思うんですよね。ゲームの動画をアップロードしている人はたくさんいるわけですしね。
「メタルギア #6 〇〇をやらずに楽々とクリアする方法」とか
「メタルギア #6 思わぬバグに遭遇」とか
中身はどんな内容なのか分かるような書き方をした方がユーザーには親切になりますし、タイトルで動画を見てもらえる確率は上がります。

コピーライトを専門に仕事をしている人など比べると、僕たち私たちはセンスの面でかなり劣ることになるかと思われます。
しかしながら、そのレベルのタイトルを付ける必要もないわけです(そらぁできた方がエエけど)
素人でも、素人なりにどういう動画になっているかをわかりやすく伝える、そういうタイトルを心掛けることが一番大事だと思います。
ちなみに僕のタイトルを考える時間は1~2分の範囲で考え、エイヤーッと付けています。

【説明文の書き方】
これはオススメのやり方があります。
気が付けば同じチャンネルの動画を回遊してしまったという経験はないですか?
この状態をできるだけ作っておくことが大事です。
オススメ動画に表示され続けるのが一番いいのですが、必ずそうなる保証はないので
説明文の中で、自分の動画へのリンクを貼っておけばいいかな~と思うんですよね。

僕の場合は、シリーズ物の場合 説明文の最上部に、【前回の動画はこちら】でリンク
その下から動画の説明をタラタラと書いて、説明文の最後に【関連動画】で3つ~5つぐらいリンクを貼っておく。
シリーズ物でない場合は、最上部に関連動画のリンクを持ってくる場合もあります。ご参考までに。

【タグの設定】
これは、どういう動画の種類か?というキーワードを書けばいいです。
「ゲーム,実況,攻略」とか「料理動画,作り方,節約」とかそういうノリです。
ときどきここに、超大量にキーワードを盛り込む人がいるのですが
あまり意味がないそうです。
YouTubeさんからすると、そこまで重要視してないから、そういうことはやめてくれとのことです。
データとしても大量のキーワードはノイズになりそうですしね(笑)
僕は、本当にコアなキーワード、
その動画に関するキーワードを5個~10個ぐらいに絞って入れるようにしています。

【カスタムサムネイルの設定】
動画のサムネイルですね。
実は動画をアップするだけで、動画内のからちょうどいい感じのを3つほど自動的キャプチャーして提案してくれます。
が、これはあくまで機械が適当に選んだものに過ぎません。
できればこれらは使用せずご自分で作成したものをアップロードしてください。
、、、と、YouTubeの人が言ってましたよ(笑)

この適当に自動生成されるサムネイル、、、なかなかエエ感じなんですよねぇ(笑)
AI技術すげーなーと思います。
ただ、所詮、動画内からのキャプチャー画像となりますのでここはやはり自分で作りましょう。
ポイントはクリック(タップ)してもらい易いデザインにすることです。

クリック(タップ)してもらい易いデザインとは??
いろんなノウハウがあります。
が、僕はそのほとんどを知りません(泣)
自分なりに考えて適当に「それっぽくなるように」作っております(笑)

気を付けていることは
・テーマになるもの対象物を大きく表示させる
・タイトルを要約した文字列をサムネイルにも挿入
・釣りっぽくならないようにする

です。とくに釣ったらダメです。動画に誘導さえすればこっちのもの!と思うかもしれませんが
YouTube側は、【再生回数よりも再生時間が大事】と明言しております。
つまり、サムネイルで釣った結果、、、「この動画じゃないな」と思われますよね?
するとユーザーは動画から離脱しちゃいます。
視聴回数は多いけど視聴時間が異常に短いというステータスになります。YouTubeからどういう判断をされるでしょう?
「こいつ、やっとんな」とバレるわけです(笑)オススメ動画とかに表示させる程の動画じゃねーなーということで
結局再生回数には繋がらなくなるという(汗)
というか、そんな動画を作る人のチャンネルを登録しようとも思ってもらえないわけです。

【カードの設定】

右上の「iマーク」ですね。あれがカードです。あいつも設定してやりましょう。
動画の編集画面の上部のタブに、カードというものがあるので
ここぞというタイミングのところで表示させるように設定していくといいです。
詰め過ぎない方がいいですね。
詰め過ぎて表示させてみると「それ動画が見にくくなるからやらん方がエエで?」みたいな感じのサジェストが出ます(笑)

ちなみにYouTubeさんがサジェストすることには何でも従っといた方がいいです。偉いからとかではなく、
膨大なデータ分析の結果、「それはしない方がいい」と言ってきているわけです。
Googleさんは、ユーザーの行動分析なんか死ぬほどしてますからね。わざわざ言ってくるってことは信用していいと思います。
ただし、これって世界レベルのデータ分析なので、『日本人には当てはまらない』みたいなこともあるので一概にはなんとも言えないんですけどね。

【終了画面】
自分の動画を最後まで見てくれた人へのアプローチです。
動画の一番最後にオススメ動画が表示されるアレです!
これは、やっておかない手はないでしょう。
でも、注意点もあります。
この機能は動画のラスト20秒部分にオーバーレイ(被さって)オススメ動画が表示されるというものです。
従って、最後のギリギリまでコンテンツを詰め込んでいると終了画面を入れることによって非常に観辛いものになったりしちゃいます。
僕の場合は、ゲーム実況の締めの挨拶をした後 20秒間の何も喋らず、空白部分を残した状態で動画を作っています。
理想は終了画面用の動画を最後20秒にくっつけておくことなんですけどね。僕はそこまでやっておりません(笑)

最後に

動画を1つアップロードするにしても、やることは多いですし(慣れれば苦じゃない量なんですけどね~)
また、チャンネル全体としても考えることは多いです。何となーくたくさん動画を増やしていくのと
きっちり考えながら動画を増やしていくのとでは、随分と差ができてしまうので
今から始められる方は初動から色々考えを巡らせてやることをお勧めしますし、これらを全く考えずにチャンネルを育ててきた方も
遡って1つ1つ動画を編集し直せば全然問題はないと思います!参考になれば幸いです!