スペシャルティコーヒーの魅力を語りたいのですよ!

まいど!ひっしーです!
 
カフェ&ダイニングバーって一体何屋やねん?と思っている方結構多いのではないでしょうか?
お昼はカフェもやっているし、夜はご飯をメインにお酒も飲めるお店。というスタイルの営業をしているのですが、、、
意外に知らない方が多いようでして、、、
紛らわしくてすみません(笑)
でも、皆様にわかっていただけるように、
カフェ&ダイニングバーという言葉への理解をゆるゆる広めていきたいと思います!
 
さて、今日はコーヒーの話をしましょうか。
カフェといえば、コーヒーですからね!
 
ロンマナでは、スペシャルティコーヒーを提供しております。
かっこつけた言い方をしていますがザックリ言うと「ええ豆のコーヒー」だと思って頂いて結構です(笑)
 
調べてみたのですが、コーヒー豆のなかには、欠点豆っていうのがあるそうなんですよね。
汚れていたりカビていたり、そういった豆です。
安物の豆を購入すると、そういう欠点豆が多く含まれた状態で入ってくるらしいのですが
スペシャルティコーヒーには、それがほとんど入っていないんです。
生産から輸送に至るまできっちり品質管理がなされて
手元に届くまで豆が劣化していない状態が保たれので
豆を挽いて淹れたとき、味の深みや、香りが本当に良いんです。
 
うんちくっぽくなってしまいましたが
まぁ、このあたりは、僕も突出した豆の専門家ではないので
とにかく「エエ豆認定された 美味しい豆を使ってんだな~」ぐらいに思っていただければ幸いです(笑)
 
 
焙煎所にて、「どの豆にします~?」的な打ち合わせをしたのですが
「こんなんどうでしょう?」と出されるコーヒーが全部美味しくて、ほんと驚きました!
たとえば、僕は酸味のあるコーヒーが苦手だったんですが、
その焙煎所で「酸味がある」と表記されているコーヒーを飲んでみたところ、
これまたフルーティで美味じゃないですか!
 
今まで感じてきたコーヒーの酸味というのは、豆が酸化しただけの酸味だったり
雑味と混ざって変な味になっていただけに過ぎないということを知りました。
 
で、何が一番驚いたかというと、
何杯もコーヒーを味見したにも関わらず、【コーヒー飲みすぎて気持ち悪い】というあの感覚がなかったんですよね!
焙煎士さんと話したところ、それはおそらく(欠点豆の)汚れとかカビてる豆の雑味が
気持ち悪くさせていたのではないか?ということになりました。
 
逆にコーヒーの苦手という方も、
その苦さは、果たしてコーヒーの苦さが苦手なのか、
質の悪い豆から出ているえぐみが苦手なのか
一度、当店のスペシャルティコーヒーを試してみませんか?
たしかに苦いです。それはもう間違いなく苦いです。
ですが、どこかまろやかで飲みやすいんです。
ほんと、不思議です。
 
後日談ですが、スタッフの皆を、その焙煎所へ連れて行きました。
自分たちが出すことになるコーヒーの味を理解してもらう目的もありましたが
「みんな、これ、マジ美味しいから飲んでみて!」という気持ちの方が強かったというのが本音です(笑)
 
コーヒーが苦手だったスタッフ達も、「これなら美味しく飲める!」と大絶賛でした。
今では店で豆を挽いていると「ああ~コーヒーのいい匂いがする~」という声が上がるほどにまでになっております(笑)
 
ん~~~
「たかがコーヒー」なのかもしれません。
僕も、そういうタイプの人間でした。
お店に入って何か頼まないといけないから「コーヒーでいいや」っていうね。
うん。たかがコーヒー。それでいいんじゃないかと思います。
そうして注文して出てきたコーヒーが、たまたま美味しかったとき、
ほんの少しの幸せを感じていただければ嬉しいです!
 
 
ロンマナのコーヒーのお値段は480円です!
フレンチプレスで飲んでいただくので、コーヒーのオイルまで楽しんでいただけます!
ロンマナブレンド含め、各種スペシャルティコーヒーを揃えております。
コーヒーって、それほどお金をかけずに幸せを感じられるからいいですよね!
 
毎日、こんなので豆を挽いています(笑)