つらいときの思い出コーヒー

まいど!ひっしーでーーーす!
最近、お店のことに気を取られ過ぎてゲーム実況の方がおろそかになっております(汗)
というか、全然やってないです!
イース8買ったのになぁ~
ってかいつの間にか8まで出ててビックリしました(笑)
イース5ぐらいまでは、しっかり追いかけてたんですけどね(スーファミ)。一体6と7はどんなだろう?
イース3のリメイク(横スクロールじゃないバージョン)も発売されていたようで、ガルバランの声優さんが銀河万丈さんでびっくりしました(笑)
スネェェェェェク!

さて、本日もまたコーヒーの話をしようかと思います。
(最近、本当にコーヒーが好きです 笑)
ロンマナのコーヒーはスペシャルティコーヒーですよ~の話は前回やりました!

今日は僕がコーヒーを飲むようになったきっかけの話をしたいと思います。
実は、僕はもともと紅茶派だったのです(笑)
コーヒーなんてマズイやないか!とさえ思ってました(汗)
なんだかメタルギアソリッドのゼロ少佐とジャック(スネーク)の無線会話が思い出されますね(笑)

コーヒーを飲むようになったのは少しネガティブなきっかけだったんですよね~
今は遡ること6年前!ブラック企業からの解放を目論んで、転職をしたひっしー。
30歳で転職、いつかは独立したいと考えてはいるものの何をやりたいとも決めていない。
とりあえず物を売る能力・自分を売込む能力はつけておいて損はないか、という発想で営業職に就きました。
飛込み営業の会社でしたね。修羅の道を選び、自分を鍛えようと考えたんです(笑)
まぁこの判断は失敗だったんですけどね(汗)まぁでも、コーヒーには出会えました。

入社した会社はとてもとてもクリーンな会社でした。
基本的に残業もないところでしたし、
仕事の内容がキツいからこそ、精神面のサポートはしっかりしていただきました。
「契約取れるまで死んでも帰ってくるな!」みたいなのは一切ないような会社で、オフィスに戻ると「しんどくないか?」と気遣ってくれるような雰囲気がありました。

いざ、実地で飛込み営業開始!やったるで~!と次々オフィスを訪ね、ビルの上から下、隣のビルの上から下。
どんどん飛び込んでいきました。最初の3日で200件ぐらい回りましたね。
その200件から後に契約に至るような案件もありましたし、怒られたりもしましたし、
「うちお金なくてごめんな~」と、お茶をご馳走になったり(何故 笑?)
いろいろな対応を3日間で経験しましたが
ほとんどは【面倒くさそうではあるけれども、それをできるだけ表情に出さないように追い返される】
みたいな感じになるんですよね。

それがなんだか、申し訳ない気持ちになってきたんですよね。
いきなり入ってこられて社長かご担当者様って言われてもなぁ、、、
新しく地域担当になりましたって言われてもなぁ、、、と。

で、4日目から急に飛び込めなくなりました(汗)気遣ってくださる社長、上司、先輩方に後ろめたさを抱きつつも
それから2週間、会社訪問を止めて喫茶店から喫茶店へと転々とし始めたわけです。
会社に戻って「いや~なかなか相手にしてもらえないっすね~頑張ります!」とか言いつつ
実際は会社訪問できない日々が続いていったわけです。

紅茶、とくにミルクティが好きだった僕は「アイスティミルク」を注文しておりました。
だんだん「ミルク」って言うのも面倒になってきて「アイスティで」と言うようになりました。
そのうち、「うち紅茶はないんですけど、、、」みたいなお店も出てきて、
今思えばそれは、コーヒー専門店でおいしいコーヒーを淹れている店舗に他ならないわけですが、
当時の僕は、へぇそんな店もあるんだな~ぐらいの感覚で、紅茶がない店があるのならばと
もうメニューを見るのも面倒な精神状態でして、座るなり「ホット1つ」と注文するようになりました。
2週間で延べ30件~40件ぐらいの喫茶店を回りましたね。

それが、僕のコーヒーとの出会いです(笑)
ネガティブすぎる!!でもそうなんです。こういう経緯で、僕はいつの間にかコーヒーを飲むようになっていたわけです。
なんか美味しいコーヒーもあれば、なんか不味いコーヒーもある。それが何故かはどうでもよくて、とりあえずコーヒーを注文する。
そういう習慣がついっていったわけですね。

最近ではいろいろコーヒーのこともわかってきました。
ただ、「ん?これは、あの豆で挽き方はこうだね?」とかわからなくてもいいと思うんですよね~。
「嗚呼~~コレなんか美味いなぁ」ぐらいでエエと思います。
当時、もしかしたら、あの紅茶の置いてなかった珈琲店は
ズタボロの精神状態だった僕を、少しだけコーヒーで救ってくれていたのかもしれません。
いや、爆裂に僕を救ってくれたのは、間違いなく両親や友人、知人、周りの人間だったんですけどね(笑)
でも、コーヒーもきっと、僕を救ってくれていたんだと思っています(笑)
そんな名脇役、コーヒー。

ちなみに、その後、いろんな人からの助言もあって、飛び込み営業の仕事は入社から1ヵ月ちょいで辞めることにしました。
実は営業に回れていない現状もお世話になった社長に謝罪して辞めさせて頂きました。
社長、あのときは本当にすみませんでした(泣)

今回は、ほぼ僕の思い出話になりましたね(笑)
最後まで読んでいただきありがとうございます。コーヒーを飲むきっかけはちょっとネガティブではありましたが
苦い記憶とともに、苦いコーヒーもお通なもんじゃないかと。
そういうことにしといてください(笑)

あ、ちなみにロンマナのスペシャルティコーヒーの中にはコスタリカ産のものがあります。
味とか関係なくメタルギアPWの舞台がコスタリカだったという理由だけで仕入れることにしたのですが、まぁこれが飲めば美味かった!!
チコ!完璧やんか!
ガジョピントもメニューに入れたろかなと思ったのですが、1個だけそれが浮きすぎるので断念しました。
あとガジョピントの作り方は、郷土料理過ぎてよくわからない。パス、教えてくれ(笑)
(最後は メタルギアネタで締めるw)

 

コスタリカ ジャガーハニー アイスコーヒーブラック!
僕はアイスコーヒーだと酸味が強調されて飲み辛かったりするのですが、
スペシャルティコーヒーだといけちゃいます!